スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<少年審判傍聴>遺族ら169人認める 制度開始から1年(毎日新聞)

 最高裁は25日、08年12月から始まった少年審判の被害者傍聴制度について、09年末までに、全国の家裁が87件で被害者や遺族計169人の傍聴を認めたと発表した。101件195人から傍聴申し出があったが、家裁が少年の年齢や心身の状態を考慮して認めなかったケースはなかった。

 殺人や傷害致死、交通死亡事故など人を死傷させた事件が対象。この期間に223件が家裁送致された。傍聴を認めた87件のうち傷害致死(27件)と自動車運転過失致死(23件)で半数以上を占め、殺人は5件、強盗致死は3件。認められなかったのは11件で、ほとんどは審判が開始されないまま通常の刑事裁判に移行した。申し出取り下げが3件。

 運用状況について、日本弁護士連合会犯罪被害者支援委員長の番敦子弁護士は「刑事裁判の被害者参加制度の利用申し出は対象事件の3%程度なのに、非常に高い。真相を知りたい被害者には貴重な機会で、トラブルも聞いておらず対象事件拡大を検討してもいいのでは」と評価した。

 一方、日弁連子どもの権利委員長の影山秀人弁護士は「少年審判は更生に向け第一歩を踏み出す場だが、被害感情を激しくぶつけられるようなケースもある。少年のためにも被害者のためにも慎重な運営が必要だ」と述べた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
アーチェリー事故:矢を放った男子生徒を書類送検
万引き:徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど
万引き:強豪・徳島商サッカー部員十数人、サッカーシューズなど
時代を駆ける:土井香苗/3 「下から目線」の大切さ痛感
ひったくり:小6男児、容疑で2人補導 中2の2人も逮捕--大阪府警

<奈良5歳餓死>両親を起訴 保護責任者遺棄致死罪(毎日新聞)
首相「私という政治家がいなければ勝場君も…」(産経新聞)
<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
<休刊>月刊「アドリブ」5月号で 一時20万部発行(毎日新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ-ギョーザ事件(時事通信)

<金賢姫元死刑囚>日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報(毎日新聞)

 拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は27日、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚について、「(日本政府が)5月にも日本へ招へいする手はずをつけている」との情報があると明らかにした。東京都内であった家族会の総会後、報道陣に語った。

 飯塚代表は、中井洽拉致問題担当相らから得た情報としたうえで「(日本側は)韓国政府の判断や李明博(イ・ミョンバク)大統領の決断を待っているようだ」と話した。金元死刑囚は、拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)にも「会った」と証言していることが判明しており、中井担当相が招致に前向きな姿勢を示している。

 来日の意義について、飯塚代表は「めぐみさんの新たな事実が分かれば、(運動が)先へのびる。可能なら、集会などで多くの人を前に話もしてほしい」と述べた。【曽田拓】

【関連ニュース】
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意
津波警報:レベルダウン迅速化に言及 中井担当相
中井拉致担当相:「首相は超のんき」朝鮮学校無償化で批判
松田喬和の首相番日誌:実績なくして人気なし
近聞遠見:「シマウマみたいな政党」=岩見隆夫

<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)
沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調-鳩山首相(時事通信)
トキ2羽、本州と佐渡往来=新潟(時事通信)
<訃報>鈴木邦一さん87歳=元大東銀行頭取(毎日新聞)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず

<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日午前の閣議で、一部に反対の意向を示していた国会同意人事案に署名し、閣議決定に協力した。福島氏は班目(まだらめ)春樹東大大学院教授を原子力安全委員に充てる案などに、脱原発の観点から反対の意向を平野博文官房長官に伝えていたが、福島氏と平野氏が22日に電話で協議し、「公平公正な職務を行うよう班目氏らに口頭で要望する」ことなどで合意し、福島氏も署名に応じた。ただ、採決時の社民党の対応は未定。

 福島氏は閣議後の閣僚懇談会で平野氏との合意を説明し、「反対だが、署名はやむをえない」と述べた。平野氏は同日の記者会見で「政党に(人事案を事前に)相談すると情報が漏れるので今の方式を変えるつもりはない。ただ、理解をいただけるような知恵は絞らねばならない」と述べ、何らかの配慮をする考えを示した。【西田進一郎、横田愛】

【関連ニュース】
社民:同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的
社民党:同意人事案に福島氏署名へ 一部賛否先送り
社民党:原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず
福島氏:自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」
日米密約:「非核三原則の法制化前進を」福島党首

旭山動物園 名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)
<放火未遂>容疑で62歳母逮捕 「長女絞殺」と通報 大阪(毎日新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
トキ、別のペア1組も求愛行動(産経新聞)
コスト負担論議、難航も=再生エネ買い取り制度導入で(時事通信)

前田日明氏、今度は国民新党からの出馬を検討 参院東京選挙区(産経新聞)

 民主党からの夏の参院選比例代表への出馬を見送った元総合格闘家の前田日明(あきら)氏(51)は25日、都内で国民新党の亀井静香代表と会談し、同党公認で参院選東京選挙区(改選5)への立候補を検討する意向を伝えた。亀井氏は「志が一致するなら迎える。東京は候補者が乱立する見通しなので、勝てる可能性はある。あなたの判断次第だ」と応じたという。

 関係者によると、前田氏は永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対し、国民新党が掲げる政策に同調しているとされる。国民新党内では「前田氏が民主党を蹴(け)るかたちで入党してくれたら、国民新党の株が上がる」(幹部)と歓迎する声が出ている。

【関連記事】
民主、前田日明氏の出馬取りやめに
国民新、プロレスラー西村氏を擁立 
亀井氏、小沢氏の進退に言及 「参院選に影響」
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診
藤川市議擁立に前向き 参院選で自民・大島氏

あかねだすき かぐわし 新茶 京都・木津川で初茶摘み(産経新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
子ども手当、高校無償化両法案が衆院通過 月内に成立へ(産経新聞)
車検代肩代わりさせた大阪市職員を懲戒免職(産経新聞)

太陽光エネルギー 日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)

 日韓(韓日)低炭素社会づくりフォーラム「太陽光エネルギーの時代」(毎日新聞社、朝鮮日報社主催、在日韓国大使館、環境省、資源エネルギー庁、省エネルギーセンター後援)が19日、東京都新宿区の韓国文化院で初めて開催された。

 まず、毎日新聞社の朝比奈豊社長と朝鮮日報社の宋煕永(ソン・ヒヨン)論説主幹が、「両社が低炭素社会を構築するため、温室効果ガスの大幅削減に取り組む」などとする「低炭素社会づくり宣言」を朗読。資源エネルギー庁の斎藤圭介省エネルギー・新エネルギー部長と韓国・環境省の李炳旭(イ・ビョンウク)次官が、太陽光を中心とした再生可能エネルギーの両国の現状について基調報告した。

 また、女優のソニンさんら4人が、太陽光発電を中心にした日韓の環境保全活動について対談した。

【関連ニュース】
太陽電池:変換効率の向上競争激しく
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
水と緑の地球環境:太陽光、移動式パネル大活躍 イベントなど、絆づくりにも一役
電機各社が増産 温暖化対策、原油価格高騰
ツバルに太陽光発電施設が完成--関電など援助

スズキが軽「ツイン」1万台リコール(読売新聞)
<野焼き3人死亡>突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m(毎日新聞)
<特定看護師>広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言(毎日新聞)
<雑記帳>「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
大学生の生活費、8年前より3割ダウン 年62万円…食費、光熱費を切り詰め(産経新聞)
プロフィール

ミスターあきらきたじま

Author:ミスターあきらきたじま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。